土と炎のみで生み出される備前焼の工程
1.土作り ①:「ひよせ」と呼ばれる田んぼの底の土を採土し、1~2年風雨
        にさらさします。
  土作り ②:風雨にさらされた土を細かく砕き水簸(すいひ)します。
        この工程により、より細かな粒子の土を取り出します。
  土作り ③:水簸した粘土を黒土と混ぜ、土踏みをした後、土を寝かしま
        す。
2.土もみ :半年~数年寝かした粘土を作品が焼成中の高温で割れないよう
       に十分に練って中に含まれている空気を除去します。
3.成形 ① :一般的にはろくろ等を使い作品を成形します。
  成形 ② :細工ものを作る場合の"手びねり"、頑丈なつくりとなる"紐作り"
        や"板おこし"で成形することもあります。
  成形 ③ :ひび割れや変形を防ぐため、日陰において窯詰めまで自然に
        ゆっくりと乾燥させます。
4.窯詰め ①:窯詰めの最大のポイントは、如何に美しい景色を焼き付ける
        かというところにあります。
  窯詰め ②:窯の中の炎の流れを頭に描き、焼け色を想像しながら窯詰め
        します。
5.窯焚き ①:最も一般的な窯は、「登り窯」です。
  窯焚き ②:窯焚きは、松の割り木が主流となっています。
        この松の割り木を1200~1800束使用します。
  窯焚き ③:くゆし、あぶり、中焚き、本焚きと慎重に温度を上げていき、
        最終的に約1250°Cに到達します。
  窯焚き ④:約2週間焚き続けます。
6.窯出し ①:火を止めてからすぐに窯を開けると、急激な温度変化によって
        作品が割れてしまいますので、約10日間ほどかけて自然に徐冷
        します。
  窯出し ②:窯が冷めたら作品を慎重に窯から出します。
  窯出し ③:作品は目の細かいサンドペーパーで仕上げ、水洗いして完成で
        す。
※ これは、備前焼の一般的な製造工程です。
備前焼 桂花園  松本頼明
〒 705-0022
岡山県 備前市 東片上 2245
Tel. (0869) 67-0383
Fax (0869) 67-0383
    
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載を禁じます】

Page Top